株式会社ヒューテック

  • 会社情報
  • 採用情報
  • お問い合わせ
  • ニュース
  • 管路保全
  • 環境衛生
  • 土木・エクステリア
  • 代理店業務
  • オート代理店

HOME > 管路保全 > 維持管理システム

維持管理システム

  • 下水道管維持管理システムのご案内

完全自動化カメラシステムによる管内調査

調査

内視鏡・TVカメラ等により下水管の耐久性・環境状態等を調査し、不良箇所を検出します。

完全自動化カメラシステムによる管内調査

完全自動化カメラシステムは、レンズ絞りの完全自動化と上下首振り、また照明追従によって鮮明な画像が映し出されます。カメラ・自走車は、完全防水構造なので連続水中使用が可能です。管径150mmの検査・農業集落排水等の小口径マスにも対応できます。

調査に使用する完全自走式カメラ

  • カメラ調査車

    カメラ調査車

  • カメラ調査車

    カメラ調査車

  • 車内部の様子

    カメラ調査車内部の様子

  • 管内を撮影

    自走式カメラにて管内を撮影


調査概要

正確な調査環境での測定のため念入りな管内洗浄作業を行います。

  • 洗浄ノズル

    洗浄ノズルを下水管へ挿入

  • >
  • 下水管へ
  • >
  • ジェット水流

    ジェット水流で管内を洗浄


診断レポート

不良箇所の検出結果を診断し、明確にレポートとしてまとめます。

調査後のレポートサンプル

  • 調査書01

    調査書01

  • 調査書02

    調査書02


設計管理・見積り

不良箇所の修復・維持方法を計画します。現在状態・下水管の周辺環境を考慮した上で適切な方法を提案します。また、それに対しての費用を算出します。

データベース・報告書作成

調査・補修履歴は全てデータベース管理を行います。このことで速やかな工程作業と下水道状況の把握を実現します。また、後の調査にも役立つこととなります。 公共事業等に必要な報告書作成もおまかせ下さい。

補修

調査により修復方法を決定し、綿密な補修計画に則り、補修及び維持管理作業を展開します。
また、補修後はカメラ調査により施工完了状態を調査します。

  • 吸水車

    吸引車

  • 高圧洗浄車

    高圧洗浄車


部分補修工事(EPR工法)

EPR工法は、ガラス繊維マットに常温下で硬化する樹脂を浸み込ませ、管の内面に貼り付けて漏水や浸入水に伴う管の破損部分や、継ぎ目の開いた箇所、取付管の接合部などを部分的に補修するものです。
各家庭の下水の使用を制限することなく施工することが可能です。

部分補修工事(EPR工法)部分補修工事(EPR工法)

管渠更生工事(EX・ダンビー工法)

管渠更生工事(EX・ダンビー工法)

管渠全体に破損、クラック、腐食等が発生していて「耐荷力」、「耐久性」が低下している場合、スパン単位で修復を行います。
修復後、更生材だけで耐荷能力を期待できるものと、既設管と一体化して耐荷能力を満たすものがあります。
主に小中口径管の更生を行うEX工法と、大口径で円形管から矩形管まで 様々な形状に対応するダンビー工法を当社は行っています。

EX工法では硬質塩化ビニル樹脂性のパイプを温めて軟化させ、既設管に引き込んだ後、パイプ内に蒸気圧をかけて膨らませ 既設管の内面に密着した状態で内面の圧力を保持したまま、冷却し固めることで更生管を形成します。

ダンビー工法では硬質塩化ビニル製の帯状の板を既設管の内側にらせん状に密着させていき、帯板同士を接合用の部材を嵌め込んで接ぎ合わせていき、更生管を製管します。既設管との隙間に高強度の充填剤を注入し、複合管を形成します。

管渠更生工事(EX・ダンビー工法)管渠更生工事(EX・ダンビー工法)管渠更生工事(EX・ダンビー工法)

水替え工法(ラクユーZ工法)

下水道本管の更生に伴い、対象管渠の使用を一時的に停止することは地域住民への多大な迷惑となりかねません。できる限り、下水道の使用を制限せずに施工することが望ましいのです。そこで、対象管渠のみの止水を行い上流管路までの流下下水を対象管渠の下流等へスキップさせることができるのが、水替え工法「ラクユーZ」です。
この工法では24時間自動運転も可能な為、排水制限が困難な現場での下水道工事が可能になります。

水替え工法(ラクユーZ工法)

マンホール内補修工事(JER工法)

下水道管路施設では硫化水素、硫酸を代表とする腐食性物質が多く存在します。
マンホールもその多くがコンクリートで形造られており、年を経るにつれ、浸食され耐荷力が低下します。マンホールの更生は既設マンホールのコンクリート面に耐食性の高い成形品を貼り付けコンクリートを被覆するものです。

JER-ジックボード工法は高耐久性ビニルエステル樹脂FRP板を、接着剤として耐硫酸性無機質系グラウトを用い既設コンクリート面に貼り付け、防食被覆層を形成します。
これはマンホールのみならず、下水道関連施設等において幅広く適用可能な工法です。

高圧洗浄車等による管内洗浄・清掃高圧洗浄車等による管内洗浄・清掃高圧洗浄車等による管内洗浄・清掃
お問い合わせ

株式会社ヒューテック

【本社】
〒399-7103
長野県安曇野市明科光634-1
TEL:0263-62-2330
FAX:0263-62-4969

【松本支社】
〒390-0821
長野県松本市筑摩2-31-6
TEL:0263-31-3133
FAX:0263-31-3132

【関東支社】
〒130-0011
東京都墨田区石原4-6-6
TEL:03-6658-4780
FAX:03-6658-4785

【諏訪営業所】
〒392-0015
諏訪市中洲4426-3
TEL:0266-57-3231
FAX:0266-57-3239

【オート代理店事業部】
〒390-0821
長野県松本市筑摩2-31-6
TEL:0263-25-5238
FAX:0263-25-5237

このページの先頭へ